解体

木造解体

東京・埼玉エリア

木造住宅の解体工事といっても、各現場の状況や構造、処分するゴミの量によって工事に掛かる費用や手順は大きく異なります。
住宅や店舗などの木造建物は、様々な工法でつくられているため、構造がかなり複雑な場合もあり、費用がイメージしにくい事も有ります。
当社では事前の調査を十分に行い、建物それぞれの建築様式に合わせた工事のご提案をさせて頂いております。
スピード見積もりや、工事開始前のご近所様へのご挨拶や丁寧な作業を心がけております。
解体工事以外にも様々な種類の産廃や生活ゴミ、残置物の処理まで承っておりますので、どうぞ安心してお任せ下さい!

親切対応に自信があります!
相見積もり歓迎です。
是非一度お問合せ下さい!
木造解体

鉄骨解体

東京・埼玉エリア

鉄骨造(S造)
一部の戸建てやマンション、店舗などは鉄骨造で建てられたものが多く、鋼材が使用されていますので、とても頑丈につくられています。
構造がしっかりしているため、解体作業に入る前に十分に安全を確保し、きちんとしたスケジュールを立てて作業を進めていくことが重要です。
近隣住宅などの環境はもちろんのこと、軽量鉄骨か重量鉄骨かによっても解体の工法は異なります。
当社では経験豊富な職人が作業致しますので、安心してお任せください。
また、当社ではすべての解体工事等でも事前に近隣の皆様へご挨拶に伺うことはもちろん、作業中の安全確認等もしっかり行い、騒音や振動を最小限に防ぎ、トラブル等にならないように努めております。
親切丁寧をモットーに作業させて頂いております。
詳しくは一度お問合せ下さい。

親切対応に自信があります!
相見積もり歓迎です。
是非一度お問合せ下さい!
鉄骨解体

RC解体

東京・埼玉エリア

RC/鉄筋コンクリート造
鉄とコンクリートを組み合わせているため、非常に屈強な構造になります。
そのためRCは大規模解体工事になることが多く、 高度な技術が必要になり、大型重機も必要となります。
当社では、数多くの現場に携わってきた経験豊富な職人のもと、 安心して工事をお任せいただけるよう近隣の方々の安全にも十分に配慮し、 慎重に解体工事を進めてまいります。

親切対応に自信があります!
相見積もり歓迎です。
是非一度お問合せ下さい!
写真 2021-02-10 21 24 22 (1)

内装解体

東京・埼玉エリア

内装解体は、店舗、オフィス、テナント等を明け渡す際にする、内装の取り壊し作業や廃材の撤去作業の事。
内装解体は、壁材・床材・その他の材料など(建物構造体以外)全て解体する“スケルトン工事”と店舗や事務所を明け渡すために入居時の状態に戻す“原状回復工事”があります。
経験豊富な当社では、どのような内装解体工事でも対応可能ですので、明け渡しをの際に、内装解体等をお考えの方は気軽にお問い合わせください。

親切対応に自信があります!
相見積もり歓迎です。
是非一度お問合せ下さい!
内装解体

空き家解体

東京・埼玉エリア

解体工事なら空き家も当社にお任せください。
空き家を解体する最大のメリットとしては、空き家を管理する手間から解放されること。
また、空き家を所有していると、建物や庭の管理を定期的に行う必要があり、そのままにしておくと近隣住民からのクレームや役所から通達が来る事もあります。

現在、全国的に空家等が増加し、防災・衛生・景観など地域住民の生活環境に悪影響を及ぼしている事から、「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されました。

住むに住めない状態であれば、一度空き家を解体し、皆様が気持ち良く生活を送れるようにしましょう。
また、空き家等を相続し、現状どうしたらいいか分からない方も、多くいらっしゃると思います。
そんな時は、まず当社にご連絡下さい。
㈱フリースタイルでは不動産の相続相談等も承っておりますので、解体工事もそれ以外でも素早く対応させて頂きます。

親切対応に自信があります!
相見積もり歓迎です。
是非一度お問合せ下さい!
空き家解体

部分解体

東京・埼玉エリア

建物の部分解体は建物の構造によって難易度が異なります。
特に狭小地や隣の建物と密接している場所での工事や家屋を一部切り離す工事は、専門的な知識や高度な技術を要します。
さらに構造上問題がなくとも、一部を解体した後に再度問題がなく成り立つかどうかのチェックも怠ってはなりません。
当社では内装全ての解体、撤去のみだけでなく、一部だけの解体も承っていますのでどんな些細なことでもかまいません。お気軽にご相談ください。

親切対応に自信があります!
相見積もり歓迎です。
是非一度お問合せ下さい!
部分解体

抜根・伐採

東京・埼玉エリア

土地等を宅地として売買する際に、現況が樹木等の多い土地の場合には伐採・抜根の工事が必要となります。
お見積り後、ご依頼から作業まで素早く丁寧に対応させて頂きます。
当社では豊富な知識と技術をもとに、確実な抜根・伐採作業を実施いたします。

親切対応に自信があります!
相見積もり歓迎です。
是非一度お問合せ下さい!
抜根・伐採

不用品回収

東京・埼玉エリア

当社では、解体工事で発生する瓦礫やコンクリート・アスファルト等を回収・分別・運搬もいたします。
また、相続や遺品整理等で発生した不用品回収も承っております。お客様のご自宅より、不用品を搬出するところから私たちがお手伝いしますので「不用品が多くて人手が足りない」「重すぎて運び出せない」と悩んでいる方は、ぜひ一度ご相談下さい。安心してご依頼いただけますよう、見積もり等素早く綿密に行わせて頂きます。相続した空き家の整理や解体も行っておりますので、お悩みの方は、一度お気軽にご相談ください。

親切対応に自信があります!
相見積もり歓迎です。
是非一度お問合せ下さい!
不用品回収

解体例

よくある質問

  • 解体工事が終わった後、現場では何を確認すればいいでしょうか?

    ブロック塀や井戸、樹木などの撤去が見積書や契約書に含まれているようなら、

    解体工事が無事に終了した確認として可能であれば現場で確認していただくことをお勧めしております。

  • 解体前に隣家と確認をしておいたほうがいい事はありますか?

    解体工事において問題が起きやすいこととして「敷地境界線上にあるブロック塀の処理」があげられます。
    敷地境界線上にブロック塀がある場合、通例では隣人同士の話し合いによって、処理するか維持するかを決めています。

    ですので、解体工事をする際には境界線上にあるブロック塀の処理に関しては事前に話し合いをしておく必要があります。

    また境界線が明確でない場合などは、土地家屋調査士に相談し正確な測量をしてもらい、境界線を明確にしておくことが大切です。
    とくに解体した後に土地の売却をご検討されている方は、解体工事をする前に測量をしておくことをお勧めしております。

    解体工事を終えた後にお隣りの方から「あなたの敷地内にあるブロック塀なんだから撤去してください」と言われた場合、

    建物と一緒にブロック塀を壊すよりも撤去費用が大幅に高くなってしまいます。
    解体工事前に測量をして、ブロック塀などの構造物がどちらの所有であるかを明確にした上で解体工事を進めれば、コスト面でも抑える事が期待できます。

    良心的な価格で不動産登記、測量などを全てお任せできる専門家をご紹介することも出来ますので、お気軽にご相談ください。

  • 解体工事を依頼する場合、どのくらいの期間で工事に入れますか?

    解体する建物の規模が小さく、スケジュールが空いている場合はすぐにでも工事に入ることはできます。

    しかし、解体工事を行う際には、建築リサイクル法により延床面積が80㎡以上(約24坪強)の建築物の場合は、工事が始まる1週間前までに役所への届け出の提出が義務付けられています。

    ここで気をつけなければいけないのが、届出の提出から1週間は工事に入れないということです。

    特に解体終了の時期が決まっている方は、事前にご相談頂き、スケジュールなどを確認させてください。

    ここで気をつけなければいけないのが、届出の提出から1週間は工事に入れないということになります。

    特に解体終了の時期が決まっている方は、ご相談頂き、スケジュールなどの確認をしていただいたほうが良いでしょう。

  • 解体工事費用の相場はどのくらいですか?

    解体費用は地域や物件の概要(大きさや構造、立地条件など)によって大きく違ってきます。

    詳しい内容をお伺い後、現地を確認させて頂き費用のご提案をさせて頂きます。

    金額内容をご覧頂いてからお客様にご判断頂きます。

    もちろん査定の費用は無料になりますのでご安心ください。

  • お見積りは土、日曜日や祝日も可能でしょうか?

    はい。スケジュールによりますが、基本的に土、日曜日、祝日でのお見積りは可能です。
    平日のスケジュールが埋まっている場合は、土日祝日にさせて頂くケースもございます。

  • 建物解体とはどのような種類の工事がありますか?

    建物解体とは大きくは建物の構造によって以下のように分けられ、上から下に行くにつれてその解体工事費は高くなります。


    安い・木造 木造軸組構法(在来工法)
     ↓・2×4 木造枠組壁構法(ツーバイフォー工法)
     ↓・軽量鉄骨造
     ↓・重量鉄骨造
     ↓・鉄筋コンクリート造
    高い・鉄骨鉄筋コンクリート造


    また、建物を解体する工法も様々ありますが、解体重機が使用できる場合は重機を使っての解体工事を進めます。
    また、道幅が狭い、隣家との離隔が狭いなどの立地条件の場合、「手壊し」と言って、主に人力での解体工法が取られますが、

    重機が使用できる場合と比べて工期が長くかかるので、その解体工事費は割り増しになります。