川口の不動産・株式会社フリースタイル

のお客様の声

安心を重視する不動産会社として解体工事を川口でお届け

不要になった家屋の解体工事を不動産会社としての知見や知識を持って、川口で丁寧に行っています。解体工事には必要な届出や、ライフラインの停止・撤去など事前に行わなければならない手続きが多くあります。そうした必要事項についても不動産会社独自の知識をもって、丁寧にご説明した上で安全に工事を実施します。

解体工事を行うのは、住まわれていた住居などお客様にとって思い入れの深い建物である場合もあります。お客様が抱える思いに寄り添いながら、安心してお任せいただける工事を川口でお届けしてまいります。

必要な手続きを踏み安全面に十分に配慮した解体工事を実施

物件の賃貸・売買のお手続きや新築住宅の建設などの不動産業を主に展開していますが、不要になった家屋の解体を通じてお客様の新しい未来を開くお手伝いも川口で行っています。そうした工事は、工事実施について周囲へ周知すること、ライフラインへの影響が及ばないよう配慮することなど、気を配るべき点が多くあります。そうした安全面にも十分に配慮しながら解体業を行っています。

解体工事に際しては、床面積が80平方メートル以上の場所であれば建設リサイクル法に基づいて事前に申請を行うことが義務づけられています。また、古い家屋にはアスベストが含まれている場合があり、そうした家屋の解体時は4日前までにアスベスト除去作業をすることを届け出なければいけません。解体工事を行う者としてそうした基本的な申請や届け出を怠らず、お客様や近隣の方々に負担やご迷惑をかけないことを第一に考えています。

お客様の思いを大切に安心安全な解体工事を行います

家屋を解体して完全になくしてしまうためには、ガスや電気などのライフラインを撤去する必要があります。ガスは都市ガスやプロパンガスなどがありますが、種類によっては止めるのに日数がかかる場合もあるため、早めの依頼が大切です。とは言え、初めて解体工事をご依頼されるお客様にとっては、何をどこでお手続きすれば良いのか分かりづらいものです。解体工事を行うことが決まりましたら、必要なお手続きやお客様にて行っていただく事項を丁寧にお伝えいたしますので、安心してお任せいただけます。

実際の解体工事の現場では、実際に作業する者が手順を決めて進めてまいりますので、お客様にしていただくことは特にございません。しかし、大切に守ってきた家屋の解体であるため、問題なく進んでいるかなどは心配になるものです。同じく家屋をお取り扱いしている不動産会社として、建物を思うお客様のお気持ちに寄り添って川口で作業を進めてまいります。

お客様と周囲の方々の安全安心を重視した解体工事を実施

解体工事を始める際は、足場や養生の準備を丁寧かつ安全に行い、作業員や周囲の方々への危険がないよう最大限まで配慮します。特に、隣の家との境界線になるブロックなどは所有がどちらになるかを図面でしっかりと確認した上で、安全に作業を行うよう心がけています。また、1970年代から1990年代にかけて建てられた家屋にはアスベストが含まれている可能性があります。そうしたものは他の廃棄物と混ざらないよう注意して破棄する必要があるため、細心の注意を払って作業を行います。

そして、外装・内装を取り払うには当然ながら多くの粉塵が飛び交います。そうしたものが周囲に散ったり道路を汚したりすることのないよう、丁寧に清掃を行います。周囲の家屋やそこに住まわれている方々に対して、不動産会社ならではの知識と配慮を忘れずに、人と環境に優しい解体工事を川口で行ってまいります。